RSS2.0

Linux でマザーボードの情報を調べる

うちの開発用マシンは、今はなきクレバリーのショップブランド PC です。
買ったのは 2008 年 11 月。当時にしてはそれなりのスペックだったはずなのですが、4 年も経てばさすがに時代に取り残された感が拭い切れず、この度増強をすることにしました。

が、メモリを増やそうにも肝心の最大認識量がわからず。
納品書にはマザーボードのチップセットしか書かれていなかったのです。

Windows ではマザーボードを調べるフリーソフトがありますが、
Linux ではどうなんだろうと調べてみると、dmidecode コマンドを使うと表示することができるそうです。
ということで Fedora さんにて yum してみました。
実行結果はこちら。
# dmidecode 
# dmidecode 2.11
SMBIOS 2.4 present.
38 structures occupying 1190 bytes.
Table at 0x000F0100.

Handle 0x0000, DMI type 0, 24 bytes
BIOS Information
	Vendor: Award Software International, Inc.
	Version: F2
	Release Date: 07/18/2008
	Address: 0xE0000
	Runtime Size: 128 kB
	ROM Size: 1024 kB
	Characteristics:
(略)

Handle 0x0001, DMI type 1, 27 bytes
System Information
	Manufacturer: Gigabyte Technology Co., Ltd.
	Product Name: EG45M-DS2H
	Version:  
	Serial Number:  
	UUID: 00000000-0000-0000-0000-XXXXXXXXXXXXXXX
	Wake-up Type: Power Switch
	SKU Number:  
	Family:  
(略)
Handle 0x001A, DMI type 17, 27 bytes
Memory Device
		Array Handle: 0x0019
		Error Information Handle: Not Provided
		Total Width: 64 bits
		Data Width: 64 bits
		Size: 2048 MB
		Form Factor: DIMM
		Set: None
		Locator: A0
		Bank Locator: Bank0/1
		Type: Unknown
		Type Detail: None
		Speed: 800 MHz
		Manufacturer:  
		Serial Number:  
		Asset Tag:  
		Part Number:  
(略)
System Information の Product Name がマザーボードです。
GIGABYTE の EG45M-DS2H ってやつでした。

BIOS Information のところを見ると、しっかり BIOS のバージョンまで出ていました。便利だなー。

Memory Device が搭載メモリの情報で、Type のところに DDR とか出る場合もあるようなのですが、うちのは Unknown でした。
マザーボードの型番が分かればメーカーの WEB ページで仕様を調べられるから、とりあえずはいいかな。
  Linux  コメント (0)  2013/01/11 23:15:39


公開範囲:
プロフィール HN: ももかん
ゲーム作ったり雑談書いたり・・・していた時期が私にもありました。
カレンダー
<<2018, 12>>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345