RSS2.0

Eclipse プロジェクトの再読み込みなしでリソースを更新する

Eclipse 外で HTML ファイルや prpperties ファイルなどを修正した場合、Eclipse プロジェクトを都度再読み込み(更新)し、修正したリソースファイルを Eclipse に認識させてやる必要があります。WEB アプリ開発などでは頻繁に HTML ファイルやテンプレートファイルを修正するため、その都度 Tomcat を止めて Eclipse プロジェクトを更新する、というのは非常に非効率です。Java クラスについては、メソッドやクラスの定義が変わらない限り Servlet コンテナを止める必要はないのですが、リソースファイルの修正にはまだまだ弱いのが現状です。

リソースファイル変更時に Eclipse プロジェクトの更新が必要になるのは、Eclipse プロジェクトのレイアウトとして、リソースファイルが配置されるディレクトリと実行/デバック時に Eclipse がクラスパスを通すディレクトリが異なるためです。例えば Maven プロジェクトでは、リソースが配置されるのは src/main/resources ですが、Eclipse がクラスパスを通してくれるのは target/classes になります。Eclipse は Eclipse プロジェクトの更新時などにリソースファイルを src/main/resources 下から target/classes 下にコピーし直すのですが、逆にいうと、いくら src/main/resources 下のリソースファイルを書き換えても、target/classes 下にコピーされない限り(クラスパスの通ったリソースファイルは古いままなので)プログラムはリソースとして読み込むことができません。
target/classes 下のリソースファイルを修正すれば一応クラスパス上のリソースを変更することはできますが、次にリソースディレクトリからリソースファイルがコピーされた時に上書きされて巻き戻ってしまいます。

これを解決するため、読み込むリソースファイルの場所を任意のディレクトリに切り替える仕組みを作ってみました。

EclipseClassLoader.png

Eclipse Project Loader

https://github.com/momokan/eclipse-project-loader (github)

Eclipse Project Loader を使うことで、クラスパス内のリソースファイルをクラスパスの通っていない別のディレクトリから読み込むことができるようになります。そのため、プログラムがリソースファイルを読みにいくたびに、最新のリソースファイルにアクセスすることができるようになります。

続きを読む Eclipse Class Loader  コメント (0)  2014/11/29 19:41:00
プロフィール HN: ももかん
ゲーム作ったり雑談書いたり・・・していた時期が私にもありました。
カレンダー
<<2018, 4>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345