RSS2.0

天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX!!

とうとう我が家に届いてしまいました…。
私の中でのロボアニメベスト 3 に間違いなく入るであろう天元突破グレンラガンの COMPETE Blue-ray BOX です!
土曜の朝からテンションあがりまくりです。今週末はグレンラガン祭りだ ZE!!
GURREN_RAGANN.jpg
Blu-ray BOX の発売が発表されたのは今年の初めくらいだったと思います。もう DVD 版を持っていたので迷ったのですが、持っていなかった映画 2 作のほかにもパラレルワークスや数量限定だったキラメキヨーコ BOX も再録されるということで、その後すぐに予約してしまいました。
作品自体については今さら語るまでもなく、文句なく面白いです。なのでグレンラガンを高解像度で綺麗に見たいとか、手に入らなかった付随作品を手に入れたいということであれば結構お勧めできると思います。テレビシリーズ本編が Blu-ray 画質で出るなら、みんな買うしかないじゃない…!!

あ、ただしお値段も物理的なサイズもそれなりにあるので、お財布と置き場所とはあらかじめ相談しておいたほうがいいかもしれません。

BOX パッケージ

こちらがパッケージアート。テレビ版に登場したメカが勢ぞろいしてます。
と見せかけて、グレン団のガンメンの背景にいるのって実はアレですよね。さり気なさすぎて最初わかりませんでした。
GURREN_RAGANN_02.jpgGURREN_RAGANN_03.jpg
これくらいのサイズでグレンラガンの版権絵を見るのは初めてかもです。パッケージだけあってかなり気合入った仕上がりです。いい感じ。

本編ディスク + CD

テレビシリーズ、劇場版 2 作品、派生作品、ドラマ CD など、全 15 枚です。テレビシリーズのほうは 1 枚につき 5 話~ 6 話入っているので、DVD 版よりはディスク枚数が少なくなっています。ディスクを入れ替える手間が減るのでこういうのは本当に助かります。BOX 版のメリットの 1 つですよねー。
disks.jpg
収録内容については Blu-ray BOX の公式サイトを見てください。正直なところ、派生作品については私も把握しきれてないので、何が入っているか楽しみだったりします。
ちなみに画質のほうは、テレビシリーズ 27 話と劇場版 2 作品が  1920 × 1080p、それ以外の映像作品が 1920 × 1080i になっています。とりあえず 6 話まで見てみましたが、DVD を再生したときのようなノイズっぽさはまったくなく、線画の輪郭線なんかもドットではなくすっきり綺麗な線となってます。グレンラガンは所々作画が劇画調に変わりますが、そういったシーンも細かな線まで含めてまるごと高画質にしたような感じで、絵のもつ勢いや木炭画のような味わいは薄れていません。これはスタッフさん達が相当がんばってくれたんじゃないかと思います。

グレンラガン初期稿集

その名も GURREN LAGANN THE NASCENT ERA。
表紙絵は Blu-ray BOX が発表された頃に公開された絵ですね。ハードカバーでかなり豪華な感じ。

届いた Blu-ray BOX がやたら重いなーと思ってましたが、八割がたこいつのせいです。めっちゃ分厚いです。どれくらい分厚いかというと、ふかふかのカーペットで自立するくらい分厚いです。
THE_NASCENT_ERA01.jpg
内容は大半がメカやキャラクターの設定画で、企画書やスタッフのインタビュー記事なんかも少し載っています。グレンラガンの設定画はこんなにバージョンもあったのかーというくらいテイストの違うラフ画があって面白いです。もっとガンメンよりのデザインだったり、戦国時代の甲冑っぽさが強いデザインも考えられていたようです。それがまさかグラサン投げて戦うようになるなんて…。
THE_NASCENT_ERA02.jpgTHE_NASCENT_ERA03.jpg
THE_NASCENT_ERA04.jpg
シモンとカミナのキャラクター原案にはシモン(秀吉)カミナ(信長)とあって、戦国時代っぽさは初期には結構意識されていたみたいです。作中でもカミナは日本刀を振り回してますしね。ただシモンとドリルの組み合わせは変わらず原案の中心にあったようです。

もうひとつ、キャラクターの初期デザインで驚いたのはニアとヴィラルでした。ニアは金髪ロングでピーチ姫みたいだし、ヴィラルは目つきこそ変わらないものの、服装や立ち姿なんかはきれいめでどこかの国の王子様みたいな雰囲気でした。ニアはやっぱりいまのニアのほうがいいなーと思いますが、ヴィラルのほうはこっちの感じのヴィラルが動くところも見てみたかったり。一度見たらたぶんそれで満足するんでしょうが(笑

ライナーノーツ

こちらは各話解説とスタッフ・キャストの掲載されたライナーノーツです。
初期稿集ほどではありませんが、こちらもそれなりに厚いです。発売されている本編、映画ディスクのDVD 版のパッケージ絵や、DVD の初回特典だった収納 BOX の絵が収録されています。
ARCHIVES01.jpgARCHIVES02.jpg
DVD 3 巻のパッケージ絵は個人的にかなり好きなので嬉しい限り。懐かしいですねー。
ほかにも買ったことのない OP / ED CD のジャケットや、パラレルワークスのパッケージ絵なんかも載っていました。この辺も漏らさず載っているあたりはさすが Complete BOX です。

天の光はすべて星!!

ということで、大ボリュームな天元突破グレンラガン Blu-ray BOX です。綺麗な Blu-ray 画質での再販売ということで、しばらくはこれで楽しめそうな予感です。
普段はあまり商品レビュー的な記事は書いていないのですが、お気に入りの作品が高品質で生まれかわったということで、珍しくいろいろ載せてみました。グレンラガンは本当に大好きなアニメで、今まで DVD でしかテレビシリーズが観れなかったのが本当に残念でした。なので素直にこれは買って良かったです。

グレンラガンは極論では螺旋力ですべてが片付けられてしまう世界ですが、シモンの人間的な成長こそを物語の主軸と捉えると、それでいいんじゃないかなーというのが個人的な感想です。実際には感情論では解決できない問題はいっぱいあるわけですが、あえて人間的な感情の力が大きく作用するという世界を作って、その中でシモンが障害を乗り越えていくというのは、純粋にシモン自身の成長を体現させているのかなーと。
ただ補足すると、第三部以降は何気に SF 要素も多くちりばめられているので、SF 好きな人にも楽しんでもらえるんじゃないかと思います。並行宇宙とか確率論とかそういう小ネタも織り交ぜつつ、銀河を投げるような破天荒っぷりが同居しているのがグレンラガンの魅力です。

こういう勢いのあるロボットアニメは最近あまり見かけないので、続編が作れるのであればぜひとも続編を見てみたいです。


  雑記アニメお買い物  コメント (0)  2013/06/29 12:30:17


公開範囲:
プロフィール HN: ももかん
ゲーム作ったり雑談書いたり・・・していた時期が私にもありました。
カレンダー
<<2019, 3>>
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456